ひな人形

Home > 2011-02 / 季節を感じる > This Entry 

2011-02-28



これが例のおひなさま。(扇が手からずれてる。。。)

サイズ変更ウィザード-1


いかがでしょう?

良いお顔でしょ?ヾ(´▽`)




私の誕生日が1月の末。

母の誕生日が2月の最初。



というわけで、

今年は合同誕生会をしましょ。

ってなったのが1月終わり。



そこから母の予定やら、

父の体調不良やら、

なんやと色々あって、

やっと2月最後の週末に一緒にごはんを食べにいきました。



合同お誕生会といっても、

私は一方的にご馳走になるだけなので、Σ(ノ∀`)ペシッ

せめてお店は母の希望のところで。





で、

実家に行くと、

お雛様が出されてありました。

サイズ変更ウィザード-2
(写真が傾いてますけど。。。)


小さい頃は、

小さな家で、

お雛様を飾れば、

家の中での人の往来に、

支障をきたすような状態だったのに、

それでも毎年欠かさず飾られていたお雛様ですが、



私たちが大きくなるにつれ、

家も引っ越して、

飾る場所にゆとりができたのにもかかわらず、(こちらも決して大きな家ではなかったですが)

反対にどんどん出番がなくなっていったお雛様。



人形の虫干しだけされる年も少なくありませんでした。




私たちが家を出て、

両親もリタイアし、

その頃からはまたひなまつり?復活していましたが、


去年は出ていませんでした。





子供の頃は、

おひなさまが出てくると、

それだけでわくわくしていましたが、(お祭り気分で)


ある程度年齢がいくと、

出してあってもなくても、

別にどっちでもよくなっていました。





でも、

お雛様が出してあると、

とぉ~っても華やかで、

春が来たなぁって、

季節の移り変わりも肌で感じられて、

やっぱりいいものですよね。



私も年をとったのかも知れません。



ここ数年は、

お雛様が出してあるとなんかウキウキして、

ないと、ちょっとさびしく感じたりします。





今年はひさびさにじっくりお雛様を見ました。



よくよく見るとあちこちかなりガタがきています。


五人囃子の一番右が空席なのは、

かぶっていた烏帽子?が脱げていたのを直そうとしたら、

完全に取れてしまって、

どうやってもかぶせられなくなってしまったのを、

ダンナが私に代わって必死で修理しているからです。



この後、

かなり時間をかけたのち、

買った直後のようにきれいに烏帽子をかぶせてくれたダンナですが、

なんせ細かい作業で、

他にも烏帽子がずれたり、

とれそうになってる殿方がたくさんいたので、

この人たちのも。。。とお願いしたのですが、


「もう無理!!」

「烏帽子かぶせは、1年に1個ずつ!!!」


とお断りされてしまいました。(´Д⊂グスン



そのあともどこぞの刀が抜けて落ちていたり、

髪が乱れていたり、

橘や桜の木が色あせていたり、

枝が曲がっていたり。



これは人形たちのイタミとは関係ないですが、

座ってる位置がなんだかヘンだったり、

持ってる小道具が手の形と合ってなかったり、



見ればみるほど、

粗が・・・



「これおかしない?」

「なんでこれ、ここ?」



ちゃんと、人形についてたお手本を見て飾ったから間違いない!


という父に、

私にもそのお手本を見せてくれ!と


出してもらって見ましたが、

なんせ古いふるいカタログ。


写真も小さくて見えにくくよく分からない。



それでも、根本的にまちがってるのとか、

明らかにおかしいのは直して。。。と、

カタログと見比べては色々さわっていて、




それで初めて気づいたことが。


お道具が足りない。

どう見ても2品足りない。



で、

お道具が足りないよ?

と言った私への、


母の返事にまぁびっくり!


「ああ、お道具やろ?そうそう、それ最初から入ってなかってん♪
多分、お人形屋さんのミスやわ。Σ(ノ∀`)ペシッ」



ヾ(;;゚Д゚)ノ 工工エエェェェェェエエ工工


「ええの?それってそれでええの?
足りませんよ、とか言わんでええの?」



「せやねん。言わなあかんかったんやろなぁ。
もういまさらあかんやろ。(´∀`)アハハ/\/ \」



あははは、て。。。




自分のおひなさまが

部品足らずの不良品?だったことが判明した
(知らなかったのは私だけですが、)


衝撃の2011年、桃の節句です。。。




付属のカタログでは分からなかったので、
色々おひなさまをネットで調べました。⇒こんなのとか


飾り方や作法?は

地方で色々違うようですが、

お雛さまに込められた想いは各地どこも同じようです。





このお雛様を見ると思い出す、祖父母のこと。
小さい頃、きょうだいでお人形遊びに使ったこと。
ひな壇の裏でかくれんぼしたこと。♪
    ポチっと
ブログランキング




スポンサーサイト

のんびりうさぎのお気に入り | Page Top▲

New >>
おー!
old >>
ぽかぽか陽気
アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録